仕事にかける熱い想い!IT業界を変える!それがITエンジニアである俺の目標!これくらいの熱い想いで仕事したいものです。

仕事への熱い想いから

IT企業でパートとして働いている方がおられるのではないでしょうか。
パート時代からエンジニアに必要な下積みをしていき、将来的に正社員として働くのに値する相応しい人材になることを夢見ているのが窺えます。

上司にパートとして働かせるのは勿体無いというくらいの仕事をしているところを見せていくことで、おのずと「正社員登用試験を受けて見ないか?」ということを上司から勧められるようになると思うのです。
人生を変えることができるかもしれない正社員登用試験に望みを託していく方は多いと思い、パートから抜け出す手段としてベターだと考えられます。
日頃から仕事をきちんとこなしているのを見てくれる方は居るはずであり、その方がパートの自分に手を差し伸べることは往々にして考えられるのです。

興したばかりのIT企業を大きくしたいということで、パートの数を増やそうと考えている経営者がいると思います。
パートも企業にとっての大切な戦力となるため、手塩に掛けてパートを育てていこうとする気持ちがあるのが窺えてくるのです。ともすればパートの労働力がIT企業を支えていくことが考えられて、パートでありながら正社員並みの能力を発揮する方がいるかもしれません。

短い労働時間のほうがやる気が出るという方にとっては、パートで働くことを視野に入れるのを選択肢のひとつとするのもいいでしょう。パートとして働いている中で、仕事に魅力を感じるようになることは多々あると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です