仕事にかける熱い想い!IT業界を変える!それがITエンジニアである俺の目標!これくらいの熱い想いで仕事したいものです。

仕事に誇りを持つことで

ITの仕事にやりがいを持つことで、エネルギッシュに毎日を充実させている方がいることでしょう。
仕事に誇りを持つと共に、任された仕事を最後までやり通そうとする義務感が仕事への情熱を引き出していきます。文字通りに熱を帯びたかのような、テキパキした動きで仕事を終わらせようとするエンジニアがIT企業に居ると考えられるのです。

ずっと続けられるくらいに気に入った仕事であれば、休み時間を取らなくてもいいくらいに仕事にのめり込んでいくのかもしれません。
仕事をすればするほど、だんだん気持ち良くなっていくような感覚を覚えていくのではないかと思い、仕事が最高のご馳走だというくらいに、「もっと仕事を頂戴!」と言いたげな身振りをしている方がいても不思議ではないと思うのです。

誰よりもITの仕事が大好きだとおっしゃる方がいると思います。
それだけ仕事に対して前向きな姿勢で臨んでいるのが窺えて、ともすればITの仕事と出会ったのが運命だと感じているかもしれません。
「俺の人生はこの仕事と共にある」とおっしゃりそうなくらいの意思表示を見せていくことが考えられるのです。

ITの仕事を精神安定剤のように捉えている方がいるのではないでしょうか。
その方は、「俺は間違いなくこの仕事に向いている。仕事をしているうちに高揚した気分になるばかりでなく、時間を忘れるくらいに仕事に没頭して、気づいたときには時間がだいぶ経っていることに驚くなんてしょっちゅうだ」と思っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です